初めての会社設立

初めての会社設立には不安がつきもの。難しい会社設立の情報を簡潔にまとめました。

会社を立ち上げる時には会社設立代行を利用するのがお勧め

会社設立とは会社を登記する事であり、登記するまでの手続きには定款認証、資本金の払い込み、法務局の登記所内での会社登記などが在ります。会社は新会社法と呼ばれている法律に基づいて設立登記が必要で、株式会社の場合は定款を定めた後に公証人役場での定款認証を受ける事が必要になります。また、定款は法律に準拠している事が重要で、定款認証を得る事が出来なければ設立登記が出来ない事になります。



会社を作りたいと言う人は、一人からでも設立が可能になっていますが、一人で設立するメリットは定款の中で定める事を自ら一人で決める事が出来る点です。複数で設立する場合にはそれぞれの意見をまとめて定款を定める必要が在り、意見がまとまらなければ定款を定める事も難しくなります。定款は会社の憲法とも言われている重要な会社の基本ルールでもあり、定款の中で定めておくことで後の紛争などに対する効力を持たすことが出来ます。


因みに、株式会社は世間に対して決算公告を行う義務が在りますが、決算公告は官報に掲載する方法、新聞、ウェブと言う3つの種類が在り、官報や新聞などに掲載を行った場合には費用がかかりますが、ウェブの場合には費用が掛からないと言うメリットが在ります。

決算公告をどのような方法で行うのかを、定款の中で定めておくことで、毎年必要となる費用を節約する事が出来るようになります。ウェブの場合はお金がかからないため、定款の中で決算公告はインターネットを利用すると言った具合に定めておけば経費節減に繋がると言う事です。


尚、定款の中で定めておくべきことと言うのは初めて設立登記を行う人にとってハードルが高いものでもあり、後から定める事は可能でも、定款を変更するためにはお金がかかる事になるため、設立登記を行う段階でしっかりとしたものを作成しておく事がお勧めです。


会社設立代行は行政書士が設立登記を行う人の代行を務めてくれる会社で、定款を定める時のアドバイザーになってくれる、設立登記に必要な書類には何があるのか、書類の作成代行、申請手続きの代行などを行ってくれます。


会社を作ろうとしている人は、会社径を行うための準備も必要になるため、定款を定める事は別にしても、公証人役場に提出する書類の作成や認証手続き、設立登記のための書類作りや申請などの時間が無いと言うケースも少なく在りません。

行政書士は会社を作りたい人のためのサポート役を務めてくれるため、短期間での設立登記も可能になると言ったメリットも在ります。


また、公証人役場での定款認証と言うのは、紙を使って定款を作成する方法、電子定款を利用する2つの方法が在ります。 紙を利用した定款の場合は、印紙を貼り付ける必要が在り、この印紙代は4万円が必要になりますが、電子定款の場合には印紙を貼り付ける必要が無いため印紙代の4万円を節約する事が出来ます。しかし、電子定款の場合には専用のソフトウェアやハードウェアなどが必要になり、これらを購入した場合には印紙代の4万円の方が安くなるため、電子定款よりも紙を利用した定款の方がお得と言う事になります。


行政書士に依頼をした場合には、専用のソフトやハードを利用して定款を定める事が出来るため、印紙代の4万円を節約する事も出来ると言うメリットも在ります。


また、会社設立代行業者は税理士等の士業資格を持つ人も在籍をしているため、設立後の顧問税理士として依頼する事も出来ますし、税理士が協力してくれることで会社の中での税金対策にも貢献して貰えると言うメリットも在ります。

尚、税理士には独占業務が在り、税務相談や税務署に提出する書類の作成は税理士の資格を持つ人のみが行う事が出来ます。

メニュー

このページの先頭へ