初めての会社設立

初めての会社設立には不安がつきもの。難しい会社設立の情報を簡潔にまとめました。

ブランド力と機能性が魅力の梅田

関西を代表する大阪市では、日々多くの人と物、情報が行きかっており、目まぐるしく変化する社会情勢をいち早く肌で感じることができます。

梅田は多くの企業が拠点を構える関西圏トップクラスのビジネスエリアです。梅田に拠点を構えることで信頼やブランド価値を得ることにつながります。そして商業施設やホテル、金融機関などが軒を連ねており、優れた機能性を持っています。

さらに行政機関や多くの交通機関、駅が存在するため、良好なビジネス環境が整っていることも特徴です。加えて関西の経済の中心地であるにもかかわらず、東京と比較するとオフィス賃料や人件費が安いというメリットがあります。継続的に発生する固定費用を抑えることができるのは、事業を継続する上で重要なポイントとなっています。

また梅田は大阪の玄関口ともいえる場所に位置しているため、高い集客能力を誇る立地となっています。アクセスが良く多くの人が足を運ぶ梅田は、大きなビジネスチャンスを秘めた場所です。

頭を悩ます問題として、お金があげられます。ここではお金の悩みを解消してくれるお得な情報をご紹介します。事業を始める際に活用することができる助成金や補助金があり、中には一定の条件を満たすことで国に返済せずに済む助成金も存在します。補助金や助成金には様々な種類や特徴があるため、正しい知識を持って活用することが大切です。

まず最初に経済産業省が実施している補助金は、中小企業の振興や新たな事業の促進、地域の活性化が主な目的となっています。創業補助金とも呼ばれる創業・第二創業促進事業は、事業開始に関連した経費の一部を補助してくれる制度です。公募期間や交付申請期間が決まっているため、確認が必要です。補助金は100万円以上からと定められており、新たに事業を始めようと考える人にとって心強い制度となっています。また行政機関の他にも補助金や助成金の制度を実施している場合があるので、上手く活用することでスムーズに事業を始めることが可能です。

ただし大手企業や各種財団などが独自に行っている制度であるため、優秀なビジネスプランを描く起業家だけが得ることができる制度です。しかし梅田を拠点とする場合は、梅田ならではの高いブランド力と集客力をアピールすることができます。しかも融資先となる大手企業が軒を連ねる梅田で起業することは、同じ地域の活性化を担うことであり、同じ目標を持つ同志となります。梅田という土地を選択することで、さまざまなメリットを得ることができます。

起業の時に立てるビジネスプランを継続し、発展させることができるかが事業を始める際の重要な課題です。事業を始めてから得ることができる助成金もあるため、良く知った上で準備をしなければなりません。ここでは市が実施している中小企業向けの融資制度をご紹介します。

まず最初に開業サポート資金という制度が設けられています。事業を開始する際や事業を始めて1年未満の場合を対象としています。事業開始前の融資では具体的な創業計画があり、1か月以内に個人創業、2か月以内に会社を設立する場合に限られています。融資利率は年1.4%と定められているものの、通常の1.6%と比較して優遇措置が取られているのが特徴です。ただし融資後3年間に金融機関や大阪産業創造館によるフォローアップを受けることが前提となっているため、承諾した上で融資を受けなければなりません。加えて小規模企業者向けの小規模企業サポート資金やチャレンジ応援資金といった制度も設けられており、梅田に拠点を置くことで事業開始前だけでなく開始後も優遇措置を受けることが可能となっています。

事業を開始するにあたり梅田を選択することで、立地条件がもたらすメリットと行政機関から受けることのできる優遇制度を合わせて得ることができます。

メニュー

このページの先頭へ