初めての会社設立

初めての会社設立には不安がつきもの。難しい会社設立の情報を簡潔にまとめました。

専門家になるべく頼らない!株式会社を設立するために必要な事!

生活するためのお金を得るために雇用されて働く選択をする方は珍しくなく、収入以上に待遇面で将来的にも安定した生活を実現できる方法です。しかし、雇用されて働く限りは職を失ってしまう危険性もあり、特別なスキルや資格がない場合や年齢が高い場合などには再就職が難しい時もあるかもしれません。また、雇用主や上司に対しての対応もあり、精神的なストレスも抱える事があるでしょう。精神的なストレスを抱えて心を病んでしまえば、その後の人生にも大きく影響してきます。この状況を避ける意味でも起業してお金を稼ぐ選択も検討してみると良い結果を得る事ができる時もあり、それが可能な世の中でもあるでしょう。その理由の一つとしてはインターネットの普及が挙げられ、クラウドソーシングサービスなどの個人と企業の仕事の仲介をしてくれるようなサービスも存在します。また、株式会社などを設立する上で資本金などの上限も改正され、小資本でも会社設立が可能になっていますので誰にでも起業できるチャンスがあると言えるかもしれません。より良い将来を検討した時に、一つの選択肢として起業を検討してみるのも良いです。いざ起業しようと決断して、会社設立を行う場合には専門家に依頼すると簡単に会社を設立する事ができます。しかし、多くの費用が必要になってきますので、小資本で会社設立を検討されている方は専門家に依頼すると初期費用の面でリスクが大きくなるかもしれません。株式会社などの設立は必ずしも専門家に頼る必要はなく、個人でも十分に行う事が可能です。大まかな手順を知り、インターネットなどの情報を参考にするだけでも強い意志さえあれば設立できます。会社を設立するまでに必要な作業で乗り越えるべき問題の一つに定款作成が挙げられますが、インターネット上にテンプレートなどが公開されている場合もあり、これを設立したい会社の事業内容に書き換えれば簡単に作成する事も可能です。定款ができればこれを法的に認められた状態にする必要があり、紙での定款作成に関しては手数料などが高くなってしまいます。良い方法の一つとして電子定款が挙げられ、手数料などがかからずに費用を節約できるでしょう。問題は電子定款にするための機器の入手ですが、ここだけは専門家に依頼した方が安く済むため司法書士など安く依頼できる所を探してみると良いかもしれません。定款作成まで依頼すると高くなりますので、電子定款にする作業だけ依頼すると良いです。会社の設立においては印鑑も必要ですが、安く済ませたいのであればインターネット通販などで依頼すると良いでしょう。定款と印鑑が作成できれば、それぞれの県の形式により多少は異なりますが、会社の設立に関するインターネットの専用ホームページで会社登録に必要な書類一式をダウンロードできます。これをダウンロードして必要な事項に記入して、印刷し印鑑を押せば書類も揃える事ができるでしょう。実際の会社登録においては専門の施設で必要な処理をしてもらう必要があり、電話して事前に予約する必要があるため必ず予約してから訪れると良いです。揃えた書類を無料でチェックしてくれるような場所も県によってはあるため、不安な方は前もって登録書類を確認してもらいましょう。また、専門家に頼らずに会社の設立までの手順を進めても、必ず登録に必要な費用が存在します。それなりの費用が発生しますので、この費用だけはしっかりと把握しておくと良いです。専門家に頼らない事で費用削減になる上に、法的な書類関連作成に強くなるため、経営を始めてからもこの経験は役立ちます。専門家に頼るのはやってみてからでも遅くないですし、挑戦してみるのも良いかもしれません。

メニュー

このページの先頭へ